商品一覧    
 
 印材と寸法:

1.すべての天然素材を手彫りで作れば良い印材だと言えますが、プラスティック、人造水晶、人工染色した馬脳と玉石は適用しません。

2.印章の印面はできれば大きいサイズを薦めます。(一般的には、15m/m又は16m/m)
3.<<漢官旧儀>>皇帝専用の印章は印材が白玉石を使って、印鈕がチ虎に彫刻するものです。(昔から、印章の材料と格式は厳しく区別されました。)
4.自然な玉石の特徴:
自然な玉石の特徴の一つとして、玉石の表面や中身に結晶あ り、自然な石の目がみえることです。特に結晶が玉石の表面に形成すると、印鑑の表面がつるつるではなく、
石の目が見えたり、凹凸のところが触れます。押印の際に石の目を触りますので、印鑑を押す時にしるしとして使えます。結晶があ るからこそ、
自然な玉石ということの証拠になります。同じ印材としても、不純物の多少と分布によってランクを分けます。
 
たとえば、白玉(白い翡翠)のランクを区別する基準は透明さと不純物(小石や各色の結晶とか)の量によります。
透明さが良いほど、不純物が少ないほど、ランクが高くなります。白い結晶が少ないほど、透明度が高いです。それと共に値段が高くなります。
自然なるものでは、不純物のない状態は考えにくいので、一番高いものでも何らかの不純物が入っています。
 
5.開運印鑑を選ぶ時に大事なこと:
自分の生まれつきの本命に合う印鑑の材質を選ぶのは大切です。自分の生年月日と時間から、本命に合う印鑑の材質が判断できます。興味あ る方は、生年月日と時間以 
外に、@財運A健康B事業(就職, 昇進)C縁談(結婚,家庭)D人間関係の中に求めたい事を一つ選んで、service@sealgallery.com.twにメールにてお問い合わせください。
 

 
 
     
 
 
 
 
  注 意 事 項

1.

取引通貨:台湾元(台湾ドル;TWDで表示)
2.
寸法単位:mm, 寸法表示:L=長さ、W=幅、H=高さ、T=厚み、Φ=直径;例えば、Φ14xH43で表示するとは、印面の直径14mm、印鑑の高さ43mmです。
L16xW16xH70で表示するとは、印面の長さ16mm、幅16mm、印鑑の高さ70mmです。
3.
玉石の中身や表面にある石の目や結晶は天然生成された模様です。ひびや欠損ではあ りません。ご安心ください。
4.
ご質問がありましたら、お問い合わせのメール又はFAXにでご連絡くださいますようお願いいたします。(日本語/英語/中国語が通じます)
5.
開運印鑑に使う印材は象牙、白玉、墨玉、翡翠、黒檀木と紫檀木をお薦めさせていただきます。上記の印材で作る開運印鑑には、印章、文字彫刻、択日書、
保証書と印鑑ケースをセットにしてご提供させていただきます。セットとしての値段を掲載しております。
6.
TWD10,000元以下の印章、又は寿山石と巴林石を開運印鑑に使用する方は、択日書が必要と思われると、TWD3,000元の金額アップになります。択日書が必要ないとそのままの値段にしておりです。
7.
四柱推命(しちゅうすいめい;台湾では八字命理(=パーツー推命)と言います)に興味を持つお客様は、事前に予約していただければ、ご来店の相談は承っております。
(日本語の通訳がいるので、ご安心ください。)
 
Copyright© 2004-2013 Sealgallery.com.tw. All Rights Reserved.
著作権 法に基づき、本サイドに掲載されたすべての内容について、無断で転載、複製、複写、盗用など禁じます。