古代麒麟(キリン)の様子は今の動物園にいるキリンと全然違います。それに、古代の麒麟とは特別な能力を持ち、人間を守るやさしい動物です。  
 
<説文>麒麟、仁獸也。(*1)
民間に伝わった話で、古代のキリンは危機を予知する能力を持っているそうです。それで、危ない所にはキリンは姿を現しません。
そういう理由で、キリンは祥瑞(吉兆)の象徴を代表します。更に、古代の皇室には大好きな神物はキリンです。キリンが現れると、国は太平盛世の状態にあ
って、人民は安定で豊かな生活を過ごしていることを表すからです。
 
<左傳>麟、中央土獸。(*2)
<公羊傳>麟生於火、游於中土、軒轅大角之獸、然則麟為土畜。(*3)
五行の頭は“水”です。<河図・洛書>天一生水、地六成枝。(*4)
水を生む者は金であ り、金を生む者は土です。だから、土は五行の母です。世界のすべでの物は中央土から生まれました。
<拾遺記>の中には、キリンは玉板を吐いて孔子を生むという伝説があ りました。キリンは聖人とかかわりあ
いがあ るといわれました。だから、民間には「麒麟送子」(*5)、「喜獲麟児」(*6)などの言い方があ
ります。彫刻品、新年絵画や紙切りなどのたくさんの工芸品は、キリンをテーマとして作られます。主はお祝いの吉祥雰囲気を示します。
 
注釈:
*1、キリンは仁徳(*A)をもつ神獣である。
*A、仁というのは、二人がお互いに付き合うルールであり、「義」の根本である。「義」には、上は「羊」で下は「我々」であ る。羊は団体に上手に生活している。「義」の意味を延すと、「義」は団体中に各メンバーだちの付き合うルールと規範であ る。
*2、「方位学説」によると、左の方には青龍、右の方には白虎、南の方には赤雀で、北の方には玄武(亀神と蛇神)、中心にはキリンが人間と住宅を守っている。
*3、*2と同じである。又、キリンは頭上に大きな角のある上古新獣で、土が好きなので、土地に頼りとして成長する。
*4、<河図・洛書>によると、数の内容は、1&6は水に属し、3&8は木に属し、2&7は火に属し、4&9は金に属し、5&10は土に属する。
*5、「麒麟送子」とはキリンはスマートな子供を送ってくれる意味である。
*6、「麟児」とはキリンが送ってくれる賢い子供です。だから、「麟児」をもらえるとすごくうれしいことであ る。
 
SB04048  
GJ04028  
  巴林石/麒麟   翡翠/麒麟  
  寸法:L50xW50xH80   寸法:Φ25xH60mm  
  黄色   蜜糖黄色
     

 

値段:TWD36,000元

  値段:TWD22,800元 
     
             
             
IV04005  
SB05001
  象牙/麒麟   巴林石/キリン鈕
  寸法:Φ21xH60mm   寸法:L21xW21xH60mm
  乳白色   透明のゴールデン凍石
  彫刻文字数限定:5文字以内  
彫刻文字数限定:6文字以内
  値段:TWD28,000元   値段:TWD15,000元 
   
個人用又は会社用印章(文字数相談必要) めったにない鉱石であ る。  
             

 

           
 
  注 意 事 項

1.

取引通貨:台湾元(台湾ドル;TWDで表示)
2.
寸法単位:mm, 寸法表示:L=長さ、W=幅、H=高さ、T=厚み、Φ=直径;例えば、Φ14xH43で表示するとは、印面の直径14mm、印鑑の高さ43mmです。
L16xW16xH70で表示するとは、印面の長さ16mm、幅16mm、印鑑の高さ70mmです。
3.
玉石の中身や表面にある石の目や結晶は天然生成された模様です。ひびや欠損ではあ りません。ご安心ください。
4.
ご質問がありましたら、お問い合わせのメール又はFAXにでご連絡くださいますようお願いいたします。(日本語/英語/中国語が通じます)
5.
開運印鑑に使う印材は象牙、白玉、墨玉、翡翠、黒檀木と紫檀木をお薦めさせていただきます。上記の印材で作る開運印鑑には、印章、文字彫刻、択日書、
保証書と印鑑ケースをセットにしてご提供させていただきます。セットとしての値段を掲載しております。
6.
TWD10,000元以下の印章、又は寿山石と巴林石を開運印鑑に使用する方は、択日書が必要と思われると、TWD3,000元の金額アップになります。択日書が必要ないとそのままの値段にしておりです。
7.
四柱推命(しちゅうすいめい;台湾では八字命理(=パーツー推命)と言います)に興味を持つお客様は、事前に予約していただければ、ご来店の相談は承っております。
(日本語の通訳がいるので、ご安心ください。)
 
Copyright© 2004-2013 Sealgallery.com.tw. All Rights Reserved.
著作権 法に基づき、本サイドに掲載されたすべての内容について、無断で転載、複製、複写、盗用など禁じます。